インターンシップについて

| 実習期間について | 報酬について | 遵守事項 |

インターンシップとは

「学生が在学中に自らの専攻、将来のキャリアに関連した就業体験を行う制度」を、インターンシップと定義しています。
インターンシップ・プログラムを通して、職業意識の育成、自主性、独創性、柔軟性のある人材育成などを目的に、各企業や行政機関などで、2週間〜1ヶ月程度の就業体験を実施しています。外からは「見えないこと」、「感ずることができないこと」を体験できる、絶好の機会です。
皆さんの就業体験は、自分ひとりで体験できるものではありません。皆さんを受け入れる企業の方々の負担があることを忘れずに一生懸命取り組んでください。

実習期間について

受入企業によって異なりますが、一般的に夏期休暇中や春期休暇中を利用して、2週間から1ヶ月程度インターンシップを実施しています。各企業の受入分野(事業所・セクション)によっても、申し込みの締切日や実習期間に違いがある場合があります。また、年間を通じて受付している企業(事業所)もありますので、各企業の募集内容に注意して応募してください。

報酬について

原則として、賃金・昼食代・交通費・宿泊代は支払われません。ただし、交通費の実費支給や、実習先へ通勤が出来ない場合の宿泊施設の確保、食費を支給する企業もあります。

遵守事項

インターンシップ実習期間中は、受入企業の就業規則やこれに基づく諸規則の定めに従う必要があります。また、実習企業内で知り得た機密事項に関して、守秘義務が生じます。

ページの頭へ移動