キャリア教育プログラム

 学生の能力を引き出して実社会で役立つ能力や積極性を養う「キャリア形成支援」と、就職活動の現状に即した「就職活動支援」を下記のような独自の内容で実施しています。

キャリア形成支援プログラム全体図 キャリアサポートプログラム

今、時代が求める人物像は、自ら目標を設定し、考え、行動の出来る自立(自律)した人材です。キーワードは「人間的魅力度」であり、社会性に溢れたチャーミングな人材育成が急務となっています。本学では「人間的魅力度」の養成プログラムを入学年次から導入し、学生一人ひとりの夢実現に向けた可能性開発を支援しています。

キャリア教育カリキュラム(キャリア準備期)

1年次に「キャリアデザイン1・2」、3年次に「キャリアデザイン3」を開講しています。「目標を持って学生生活を過ごし、社会や組織で存在感を持って活躍できる能力の育成」を目的に、早期から卒業後の進路に向けた準備をスタートします。

就職支援プログラム(キャリア養成期)

2・3年次生を対象に、具体的な進路決定のための準備(自己分析・企業研究・履歴書の作成・一般常識および専門知識の確認・マナーの習得など)やインターンシップやボランティアへの参加など実践的な行動を体験させ、自己の適性が生かされる職種を理解させて、業界や企業の絞り込みをします。また、大学院進学希望の学生にも、専門・研究分野を視野に入れたキャリアデザインを考えさせます。

キャリアスキルアップ支援プログラム

TOEIC®対策講座、公務員対策講座、知的財産管理技能検定対策講座、秘書技能検定対策講座、ファイナンシャル・プランニング対策講座などの資格講座の支援。

インターンシップ支援プログラム

学生が在学中に、自らの専攻や将来のキャリアに関連した実習・研修などの就業体験を通して、職業観の醸成や学習意欲の向上など自己を高める機会として効果は大きく、積極的に支援しています。インターンシップガイダンスや事前教育プログラムを開講しています。

就職支援プログラム(キャリア実践期)

3年次後期から4年次生を対象に、自己の適性を理解した上で、希望する職種・業界・企業をベースに就職活動をさせ、活動履歴よりカウンセリングをして、目標や問題点を理解させる支援をしています。また、次への行動が計画的に進めるよう情報収集・実行方法・意思決定と実践的な行動がとれるようアドバイスを行います。

企業別就職支援プログラム

特定の業界や企業を志望する学生に対し、OB・OGから業界・業務担当者からの直接指導や試験対策に向けての模擬試験やアドバイス支援を行います。

ページの頭へ移動